好評につき、あの商品の第3弾が登場しました。

                       

こんにちは。アトリエダダです。

今回のブログは、店名を「atelier DADA(アトリエダダ)」に変更してから初の投稿です。

今後もよろしくお願い致します。

 

 

以前、蛇口の中身が見える「カットサンプル」をご紹介しましたが、覚えていらっしゃるでしょうか?

「まだ見てない!」や「忘れた!」という方はブログを遡って見てください。

・・・嘘です。(笑)

下のリンクからご覧ください。

ディスプレイ用品:蛇口カットサンプル

 

前回紹介した第1弾、第2弾のカットサンプルは、構造が簡単な「単水栓のカットサンプル」でした。

第3弾の今回は、さらにグレードアップした「混合栓のカットサンプル」(PJ00023)のご紹介です。

前回とどう違うの?

前回は水だけが出る単水栓だったので、水を「出す」・「止める」だけの簡単な構造だったのですが、

 

今回はお湯も出る混合栓です。湯水の温度調整も加わるので、その分、仕組みが複雑になっています。

そこで、どこからお湯と水が入ってきて、どこで混ざっているのかわかるようにカットしたのが、今回のカットサンプルです。

 

 

 

お湯が通る部分を赤、水が通る部分を青に塗装しています。

さらに、ハンドルを動かしたら、湯水が混ざる部分であるカートリッジがどう動くかが見えるので、混合栓の仕組みがよくわかります。

 

 

カットサンプルを飾りやすくする展示台も販売中です。(PJ00027)

セミナーや店舗ディスプレイ、はたまた部屋のインテリアなどにぜひご利用ください。

 

 


混合栓カットサンプル


展示台

第4弾は・・・?

第3弾は混合栓は混合栓でもキッチンでよく見る「ワンホールシングルレバー混合栓」でした。

第4弾はどの種類の混合栓になるでしょうか…?

 

と言いたいところですが!

なんと第4弾、第5弾も発売中です!!

 

こちらもキッチンでよく見る「壁付きシングルレバー混合栓」(PJ00024)と

お風呂でよく見る「サーモスタット混合栓」(PJ00025)です!

お湯が通る部分を赤、水が通る部分を青に着色し、

普段は見えないところを見えるようにカットしています。

 

もちろんこちらも飾りやすいように展示台販売中です。(PJ00026)

 

 

※注意※

カットサンプルはすべて中が見えるようにカットされているので、実際の蛇口としては利用できません。

家が水浸しになるなど、大変なことになります。

 

前回と合わせて5つのカットサンプルでほぼすべての蛇口が理解できるので、

「蛇口の構造マスター」になれること間違いなし!!

 

展示台があってもなくても、一味違うインテリアになります。

 

周りと差をつけたいという方にオススメの商品です。

 

 壁付きシングルレバー混合栓

 サーモスタット混合栓

 展示台